[ 環境共棲・脱エネルギーの家造り ]
家造りを通して「地球環境」までを考える
環境共棲・脱エネルギーの家造り
地球環境に配慮した環境共棲型の家造りは今後必須条件となります。銘建では、住宅会社ができること・また引渡し後のご家庭でも環境にやさしい生活をおくっていただくために以下のような事柄に積極的に取り組んでいます。
優良県産木材認証制度とは
山口県民の皆様に安心・安全な木材をお届けするため木材の強度や乾燥具合などを検査し、品質が認められた木材を『優良県産木材』として認証しています。
この認証は、新たに設置された専門の認証機関である『やまぐち県産木材認証センター』において行われます。
天然乾燥の山口県産木材を使用
人工乾燥したものに比べ、木が持っている本来の色ツヤや香りを保っているのが特徴です。また、乾燥に燃料を使用しない分、CO2の排出が抑えられ、環境にも優しい家造りになります。もともと、銘建では山口県産木材を使用してきていますが、さらに天然乾燥材を使用することで、より環境配慮型・地域貢献型の家造りを推進していきます。

 

銘建では、製造コスト・輸送コストが少なくて済む山口県産材を積極的に活用することにより、地域の森林資源の保全に貢献し、温暖化防止にも役立てたいと考えています。
国産材を積極的に活用しようという動きは多くの企業でもみられますが、県内の木を使うことは、より運送に関わる二酸化炭素の排出を抑えることにつながります。さらに、山口県の林業を活性化させ山を元気にすると同時に、林業の雇用機会創出にも役立ちます。

 

 

その他、地球環境の保護に少しでも貢献するために、以下のような取組を行っています。

 

太陽光パネルの設置

グリーンカーテン

雨水貯留システムの設置

グリーンモスの活用