7つの基準その4

ドイツや北海道レベルの断熱性能。

UA値0.46が基準

 

南北に細長い国、日本。北海道と沖縄では気候が大きく違います。山口県は、比較的穏やかな気候ではありますが冬に氷点下になることもあれば、猛暑の夏も来ます。MEIKENの家造りは国の定めた断熱性の基準『UA値』が北海道地域の基準(0.46)をクリアしています。 冬の寒さだけでなく、夏の暑さも凌げる高性能な家造りを山口県の皆様に提案します。ステキなデザイン・素材と共に省エネ&健康に暮らす。MEIKENの家造り。

 

 

 

住まいをまるごと包み込む 断熱材/アクリア

心地よい住環境を実現するためには、新築時にしっかり断熱施工をすることが大事です。完成すると見えなくなる、壁の中。だからこそ、そこに使用する断熱材の品質や安全性にもこだわっています。 アクリアは、シックハウス症候群の原因の1つといわれているホルムアルデヒドを含まない材料を使用している断熱材です。優れた断熱性能に加え、健康、安全、環境への配慮までも品質にした高性能なグラスウールです。

暑い夏もしっかり冷房効果が持続

エアコンの冷房を切ると寝苦しい暑さの夏の夜。アクリアで高断熱・高気密を実現した家の中なら冷房効果が長持ち。熱帯夜も楽になります。