7つの基準その3

品確法に基づいた安心の設計。

耐震等級3 (最高等級)・温熱環境等級4 (最高等級)

品確法とは?

品確法(住宅の品質確保促進法)とは品質のよい住宅を手に入れられるようにすることと共に建築主を法的に守ることを目的として、2000年4月に施行された法律です。
MEIKENでは、この品確法に基づいた設計で家造りをしております。

 

 

 

 

耐震等級3(最高等級)

建築基準法の耐震性能の1.5倍。百年に一度発生する地震の1.5倍の力に対して倒壊、崩壊しない程度。

 

地震列島、日本。山口県は地震の少ない県として有名ですが、地震のリスクは当然あります。国の定める耐震の基準は最高等級3が求められる時代になりました。MEIKENは最高等級である耐震等級3を基本としています。デザインや素材とともに住む方の生命(いのち)を守る。MEIKENの家造り。

※プランや吹き抜け空間の取り方によっては、耐久性能が変わることがあります。
耐久性能計算はプランが確定してからになりますが、もし耐久が変わる場合はお施主様に報告し確認させていただきます。

 

 

「耐震等級3」で建てる、これからの家造り

これからの家造り

これから家づくりを始める方には、さまざまな夢やこだわりがあると思います。
たとえば、「開放的な吹き抜けのあるリビングをつくりたい」「オープンスタイルのキッチンで子どもたちと料理を楽しみたい」など、新しいマイホームへの夢は膨らみます。しかし、最も大切なことは、家族みんなが「快適」「安心」「安全」に暮らせる家ではないでしょうか。そこでMEIKENがおすすめするのが「耐震等級3」で建てる家造り。永く暮らすマイホームですから、目に見えるところだけでなく、目に見えない「住まいの性能」(耐震性、耐久性)にしっかりこだわった家造りをご提案します。

 

 

地震の時、家が凶器になる!?

地震の時、家が凶器になる!?

「耐震等級3」で建てる家造りをおすすめする、最大の理由は、大地震に備えての安全対策です。
それは、1995年の阪神・淡路大震災の時の震災で亡くなった方の83.9%が家具の転倒や家屋の倒壊などによる圧死や窒息死が原因であったからです。さらに、国土交通、経済産業省の外郭団体が行った実験では、建築基準法に定められた耐震等級1を守って建てた木造住宅でも、阪神・淡路大震災クラスの地震に倒壊する恐れがあることが明らかになりました。
これらの事実から、大地震に対して安心できる建物の耐震性能の基準として、「耐震等級3」相当が必要であると専門家も指摘しています。

 

 

ところで「耐震等級3」は、安心なの?

「耐震等級3」は、安心なの?

地震に強い家を建てるには、単に構造体が強いだけでなく、バランスのとれた、ねじれの少ない構造体を実現する高度な設計力が重要です。設計の基準にしている「耐震等級3」は、国土交通省の住宅性能表示制度・耐震等級における最高等級であり、阪神・淡路大震災相当の地震の1.5倍の力に対しても倒壊しないレベルを表します。
それは、災害時の救済拠点となる消防署や防災本部、警察署などに求められる耐震安全性と同じ、最高の基準で家を建てるということ。だから大地震にも安心なのです。

 

 

強さのヒミツ

強さのヒミツ

それでは、「耐震等級3」で建てる家の強さのヒミツはどこにあるのでしょうか?
建築基準法に定められた耐震等級1と比べてみると、その違いがよくわかります。住宅の耐震性を高めるポイントは壁・床・基礎の強化です。建築基準法では、壁の量・床の補強・基礎配筋の仕様において、家の形状や大きさにかかわらず、一定の基準をみたせば良いという項目が多く、きめ細かな補強策がとられていません。それに対し「耐震等級3」の家造りでは、家の形状や大きさに応じて強度の不足を算出し、しっかりした補強を行うため、開放的な空間であっても安心できる、地震に強い家を実現することができるのです。

 

 

耐震偽装や欠陥住宅などの心配はないの?

耐震偽装や欠陥住宅などの心配はないの?

「耐震強度偽装事件」では、マンションのみならず建物の耐震強度についての関心が高まり、厳正な設計検査と設計どおりの施工を確認する現場検査がいかに重要であるかを再認識することになりました。MEIKENの家造りは、1棟ごとに構造設計CADシステムにより耐震等級を設計検査。また、住宅の工事期間中に「配筋」「構造躯体」「断熱」「竣工」、計4回の現場検査を実施することで、設計図どおりの施工精度を確認いたします。

 

温熱環境等級4(最高等級)

住宅性能表示制度の温熱環境では最高等級の「等級4」をクリア。
次世代省エネルギー基準をクリア。等級3に対して、地域により13~48%のエネルギー削減ができるレベル。

 

[窓]

[窓]

Low-Eガラス

「窓」は、冬には室内から逃げる熱の52%と、住まいの中で熱の出入りがもっとも多い場所です。室内側ガラス表面にイオンをぶつけて作った金属膜により赤外線を反射させ、断熱性を高めています。

[サッシ]

[サッシ]

デュオPG

内装材と接する部分に樹脂を採用。樹脂は非常に熱を伝えにくい素材です。樹脂の熱伝導率(熱の伝えやすさ)はアルミの約1/1000といわれています。デュオPGは内装材と接するアングル部に樹脂を採用。温度差により発生する結露を抑え、結露による内装材の腐蝕を防ぎ、住宅の長寿命化に貢献します。

[サッシ]

[サッシ]

樹脂サッシ

樹脂9+Low-E複層ガラスで実現した国内最高レベルの断熱性を持ち、高い省エネ効果を発揮します。また、内外ともに樹脂を使用しているため、樹脂の熱の伝わりは、アルミの約1,000分の1。室内外の温度差で生じる結露にも防露効果も高く、ガラスやフレームにも結露が発生せず、室内空間をより快適にしてくれます。