TEL0120-693-014受付時間 / 9:00〜17:00 (水曜定休)

床下の配管の事

投稿日:2019年08月29日

こんにちは。

現場監督の少前です。

 

今日はいつもは見えない部分をブログに載せてみようと思います。

皆様は自分の家の床下の配管がどうなっているかご存知ですか?

おそらく見たことのない方が大半だと思いますが、銘建の現場の床下はこんな感じになっています。

 

青い配管が水、ピンクがお湯、灰色の太い配管が配水管になっています。

特徴としては水の配管が集まっている部分がヘッダーという部材で外部から入ってきたお水がそこから各蛇口へ均等に分配されるようになっています。これによって水圧が一定に保たれると同時に維持管理がしやすくなっています。また、配管自体も継ぎ目の少ないホース形状になっていますので長期的な水漏れリスクも減らせます。

 

そして、灰色の配水管が基礎の中に潜り、外部に出る部分ですが、底の部分はストローの曲がる部分のようなジャバラ形状になっており、将来的にメンテナンスが必要になった際に基礎を壊すことなく、配管が抜き替え出来るようになっています。

 

長く使う時代になったからこそこういった見えなくなる所のメンテナンスの容易さは必要不可欠ですね。

少し分りにくかった部分もあるかもしれませんが、ご不明点があればぜひスタッフまでお問い合わせください。

2019.8.29 投稿|     
Copyright (C) 2018 MEIKEN Co. ltd All rights reserved.