TEL0120-693-014受付時間 / 9:00〜17:00 (水曜定休)

新生活の必需品

投稿日:2020年03月20日

皆様、こんにちは!

設計事業部の田中です!

 

最近は暖かく感じる日が増え、なんだか春に近づいてきているように感じますね

新生活に向けて準備をされている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は生活必需品の「カーテン」についてご紹介いたします!

カーテンといっても種類や生地、形など様々なものがあります。

 

形状記憶加工と形態安定加工ってよく見るけどこの違いは何??と思われている方も多いと思います。

ですので、ざっくりとご説明いたします。

 

①形状記憶加工

カーテンの縫製をする前の生地の生地そのものに形をつける方法です。半永久的にウェーブを保てます。定期的に洗濯できること、裾が広がらないことから、LDKの大きな掃出し窓におすすめです!

 

 

 

②形態安定加工

カーテンの縫製をした後の生地に熱を加えてウェーブの形を整えることで癖をつける方法です。形状記憶加工に比べるとウェーブの強度や持続性は落ちますが、普段使いする分には十分きれいなウェーブを保てます!

 

 

 

③未加工品 

カーテンの一般的な縫製で、加工をなにもつけない方法です。

 

。。。などなど!

カーテンを一枚選ぶのにもコツがたくさんあります。

 

カーテンやインテリアのご提案もさせていただいております!

 

防府の勝間にありますLisMショップでのご相談も承ります♪

ぜひお気軽にお問い合わせください(^o^)

 

 

 

 

 

 

2020.3.20 投稿|     
Copyright (C) 2018 MEIKEN Co. ltd All rights reserved.